なぜ事故車の査定額は低いのか?

事故車の査定額が大きく下がってしまうのはなぜ?

事故車の査定額は大きく下がってしまいます。

 

事故車の査定額が下がる理由はいくつかありますが、一番は需要の問題です。

 

中古車市場には数え切れないほどたくさんの中古車が売られています。
その中で、事故車と無事故車が同じ車種で売られていたら事故車を選ぶ人はいません。
なので、事故車は必然的に需要が激減してしまうので査定額が大きく下がってしまうのです。

 

ただ、最近は事故車を専門に取り扱っている業者も増えています。
そのような業者では独自の販路で事故車を高く買取っても利益が出る仕組みができているんですね。
もともと日本車は品質が良く、海外では需要が高いです。
事故車であっても海外で高く売る業者もいれば、事故車をパーツに分解してパーツとして売る業者もいます。

 

事故車を高く買取ってくれる専門業者を簡単に探すには最近流行りの一括査定サイトを使うのがよいです。

一括査定サイトは高額査定が出やすいと評判で、ネットから完全無料で利用できるので利用者が増えてきています。

 

事故車をちょっとでも高く売るなら一括査定サイトで愛車を最高額で買取ってくれる業者を探しましょう。

 

おすすめの一括査定サイト

一括査定サイトの中でも高額査定の実績が多数あって情報管理もしっかりしているサイトを紹介します。
少しでも高価で買取してもらうためには紹介している3サイト全てに登録して1社でも多くの買取業者に査定してもらうことが大切です。
どのサイトも利用無料で、査定額に納得できなければ売る必要もないので全て利用して最高額で愛車を買取ってもらいましょう。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは東証一部上場企業エイチームの子会社エイチームライフスタイルが運営しています。
東証一部上場なので信頼できますし、実績も多数出ているので当サイトでは一番おすすめしています。
特徴は45秒で入力が完了してしまう簡単さと査定依頼の1秒後に概算の査定額が分かるところです。
愛車がいくらくらいで売れるのか全く分からないならかんたん車査定ガイドを利用するだけでも概算の査定額が分かるので便利ですね。
最高10社に査定を依頼できるので、高額査定を目指すなら利用しておきたい一括査定サイトのひとつです。

 

 

http://a-satei.com/

 

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は株式会社ウェブクルーが運営している一括査定サイトです。
ウェブクルーは一括査定のサービスを様々展開していて実績も十分にある会社です。
また、情報の管理の意識が強く情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」の認証を取得していて安心して利用できます。
さらにカスタマーサポートがあるので愛車の査定で不安なことや不明点を査定の前後いつでも電話で相談できるので心強いですね。
査定依頼も200社以上の提携業者の中からあなたの近所の中古車買取業者、最大10社にお願いできるので高額査定に期待できます。
かんたん車査定ガイドの次におすすめしたい一括査定サイトです。

 

 

http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

テレビCMで良く流れているので一度は聞いたことがあるカーセンサーの一括査定サイトです。
カーセンサーと言うと雑誌の方が有名ですが、雑誌での実績から1000社を超える提携企業があります。
運営しているのはこちらも有名なリクルートです。
実績も多く安心して利用できるのが良いですね。
カーセンサーの特徴としては事故車の買取を強化していたり、査定を依頼する中古車買取業者をリストの中から自分で選ぶことができる点です。
かんたん車査定ガイド、ズバット車買取比較に査定を依頼して、最後にカーセンサーで他の2サイトで依頼できなかった中古車買取業者に査定依頼すると良いですね。

 

 

http://carsensor.net/

 

 

事故車って?

自動車を所有していて、日頃から運転をしている方の場合では、時には思わぬハプニングに遭遇してしまうことがあります。
代表的な事例としては事故を起こしてしまうケースがあり、加害者側になってしまったり、被害者側になってしまうこともあり、事故の場合では自損事故も含まれているので、その内容に関しては多岐にわたっています。
事故を起こしてしまった自動車に関しては、一般的には事故車として取り扱われることになるので、売却を行って手放すことを考えた場合では査定額が大きく下がってしまうことが現実としてあります。

ここで言う事故車に関しては、通常ではフレームが曲がってしまうような事故の状態を指していることになり、例えばバンパーをぶつけてしまい、バンパー交換を行っているような自動車の場合、ライトが割れてしまい、ライト交換を行っている自動車、ホイールを凹ませてしまい、修復をしている自動車などの場合では事故車に該当はしていません。

 

事故車の査定額が下がる理由

事故車の査定額が大きく下がってしまう本当の理由に関しては、需要の問題を挙げることができます。
特に国内では中古車市場は常に注目されており、全国各地でかなりの台数が販売されていることを確認することができますが、多くの方々が事故車を避けて購入しています
事故を起こしている車両の場合では、直ぐに壊れてしまうイメージが定着していたり、縁起の問題として好んで購入する方が非常に少ないことを挙げることができます。
また、事故を起こしてしまっていることで、関連しているパーツ類にも破損している可能性も否定することができないので、信頼度の問題でも査定額が大きく下がってしまうことになります。
中古車を取り扱う専門業者でも、事故を起こしている車両の仕入れには慎重になっており、買取り手が付かないような自動車の場合では、買取りをすることが非常に難しい状態になるので、査定額に影響することになります。

 

事故車でも買取してくれる業者

事故を起こしてしまっても、完全に修復されている状態の自動車や、保険での修理を諦めてそのまま保管している方に分類することができます。
保険で直すことを行わない方の場合では、一般的には得ることのできる保険料と自動車の価値を比較した際に、修理をしてしまった場合では持ち出し金が大きくなってしまう可能性が出てくることを挙げることができます。
しかし、現在ではどのような状態の自動車であっても、買取りを可能としている専門業者がいます

 

インターネットを介して利用できる一括査定サイトの場合では、全国各地に点在している中古車専用の買取り業者が登録を行っているので、事故を起こしている状態、修復されていない状態の自動車でも買取りを可能としている専門業者が増えているので、所有者は諦めることなく、売却を試みることが良い方法です。
事故を起こしている状態でも買取りを可能としている専門業者の場合では、慈善活動を行っているのではなく、しっかりと利益を確保できるノウハウを持っていることに注目できます。

 

 

例えば事故を起こしている自動車でもあまり気にせずに乗ることを行っている海外に販路を持っている専門業者も多く、このケースでは海外用として輸出するために、買取りを行っていることになります。
また、自社にて修理工場を持っている専門業者も数多く存在していて、完全に修理を行った上で、国内にて再販を行うケースも見られます。
この場合では人気のある車種に限定されがちですが、実際にはどのような状態でも買取りを実施していることが多いので、一括査定サイトを利用する方法で、最高額を出している業者に問い合わせて見ることが良い方法です。

 

事故車でも価値がある

さらに、業者によっては、事故を起こしており、完全に修復することが難しいような自動車の場合でも、まだ使うことのできるパーツ類に価値を見出す場面もあります。
例えばフロント部分を大きく破損してしまっていても、サスペンションやショック、マフラーなどを再利用することができたり、逆に追突事故によって後部を大破している自動車の場合では、フロントのエンジン回りのパーツ類には何ら影響を受けていない可能性もあるので、エンジンパーツを再利用することを目的にしている場合があります。
実際に中古パーツの取り扱い量も増えていて、新車を取り扱う自動車ディーラーでも積極的に中古パーツを活用している場合もあります
その結果として中古パーツの需要が高まっていることを挙げることができるので、どのような状態の自動車でも価値を出すことができる仕組みです。

まずは、事故車となってしまった場合でも、諦めずに一括査定サイトを利用してみて、その価値を把握した上で売却を決めることがおすすめです。
自宅に眠ったままの状態であっても、レッカーなどを依頼することもできるので、非常に利便性の高いサービスとして活用することができ、査定額を想定以上に引き上げることも不可能ではありません。

 

 

http://www.eurofobia.com/ http://www.gicghana.com/ http://www.selfhelpindex.com/ http://www.m-kasegu.com/ http://www.patrikjablonski.com/